TOPへ

核燃料 全量再処理は高コスト

原発の使用済み核燃料を再利用する「核燃料サイクル」のあり方を検討している内閣府原子力委員会の小委員会(鈴木達治郎座長)は19日、処理方法ごとに2030年までにかかる総事業費の試算を明らかにした。原発を継続する場合、使用済み核燃料を再処理しながら一部を地中などに埋める直接処分もする「併存方式」が最も安価とされた。全量を直接処分する方式では、コストに再処理工場の廃止費用などを加算している。【阿部周一】

 「脱原発」を含めた将来の政策パターンごとに核燃料サイクルのコスト試算の結果が示されるのは初めて。小委員会は結果を基に実現可能性なども加味し、5月にも「政策の選択肢」として、政府のエネルギー・環境会議に報告。同会議はエネルギーの中長期戦略に反映させる。

 試算は、使用済み核燃料を、全量再処理▽全量直接処分▽両者の併存−−の3方法ごとに事業費を計算。その上で、将来の発電量全体に占める原発の比率が(1)30年に35%(2)同20%(3)20年に0%−−となる3パターンに分けて比較した。その結果、(1)と(2)では、六ケ所再処理工場(青森県六ケ所村)で再処理をしながら一部を直接処分する併存方式が8兆1000億〜9兆1000億円となり、全量再処理(8兆3000億〜9兆7000億円)や全量直接処分(10兆3000億〜11兆9000億円)と比べ最も安くなるとされた。再処理工場廃止費用などを新たに盛り込む必要がない上に、全量再処理に比べて再処理費用が減ることが理由という。

 一方、(3)の「脱原発シナリオ」を選んだ場合、再処理の必要性はなくなり、原発から出る使用済み核燃料も少ないため、全量直接処分の6兆7000億〜7兆1000億円で済む。

 ただし、いずれの場合も全量直接処分の費用のうち4兆7000億円は、日本原燃が青森県で計画している六ケ所再処理工場やMOX燃料工場の廃止費用などを含んだ「政策変更コスト」。これを加算しなければ、全量直接処分は2兆〜6兆9000億円と、いずれのパターンでもその他の処分方法に比べて格段に安くなる。

 【ことば】核燃料サイクル

 使用済み核燃料を再処理し、取り出したプルトニウムやウランを燃料として利用する流れ。プルトニウムを使う高速増殖炉が計画の要だが、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)は実用化のめどが立たず、プルトニウムとウランを混ぜたMOX燃料を軽水炉で使うプルサーマル発電が中心となっている。米国などは再処理は費用がかかるなどとして、すべて埋めて処分している。

自己破産 グレーゾーン金利とは

ニュースなどでもよく目にするようになった「グレーゾーン金利」ですが、債務整理を行う場合に大変重要なもので、特に債務者にとっては、債務を減額することが可能になってくるキーポイントです。

日本の場合、貸金における金利には、上限が定められています。この上限金利よりも高い利率で貸し付けることは法令で禁止されており、罰則の対象となってしまいます。
この違法な金利を犢瓠合法な金利を倏鬮瓩噺世場合に、牋稻,任呂覆い韻鼻合法でもない疝率の金利のことを「グレーゾン金利」と言います。

この牋稻,任呂覆い韻鼻合法でもない瓩箸いμ圭發靴寝鮗瓩砲覆辰討靴泙辰討い襪里蓮金利の上限を定めている法令が2つあり、その2つの法令で定める上限金利に差がある為、この上限金利間の利率で貸し付けを行った場合、猜卻の法令では違法だけど、もう一方の法令では合法瓩箸いΔ海箸砲覆蝓◆屮哀譟璽勝璽鷆睛」と呼ばれるものが発生してしまいます。

    ●完全に合法となるグレーゾーン金利
牋稻,任呂覆い韻鼻合法でもない瓮哀譟璽勝璽鷆睛ですが、特定の条件が整った場合には、どちらの法令に関しても適合され、合法となります。

グレーゾン金利が合法となる条件には、下記の項目があり、その全てに適合していなければなりません。
●債権者が貸金業者として正式に登録を受けていること  
●貸し付けと行う際の契約書に、貸金業法に定められている各記載事項の全てを記載し、その契約書を交付していること
●債務者が返済する度に、貸金業法で定められている受領証書を直ちに交付していること。
●債務者が、約定金利(法令の制限内で契約される金利)による利息を猴息として認識瓩靴疹紊濃拱Г辰討い襪海
●債務者が、約定金利による利息を倏ぐ佞豊畛拱Г辰討い襪海

  これら全ての条件に沿った支払いのことを「みなし弁済」と言い、みなし弁済の場合は、ゲレーゾーン金利の利率であっても、2つの法令に適合してることになります。

    現実的には、上記の条件が揃っている業者は極少数であるため、「グレー」と呼ばれるように牋稻,任呂覆い韻鼻合法でもない瓩箸い状態になっています。

    上記のようなことから、グレーゾーン金利は一部の例外を除き、完全なる違法行為に他ありません。しかし、このような状態が横行しているのは、低い方の上限金利を違反した場合の罰則が無いことによります。

その為、弁護士などを通じて法的に債権者に訴えることで、ほとんどの場合、グレーゾーン金利分の支払いが過払いとして認められることになります。

債務整理の大きな目的の一つとして、このグレーゾン部分の過払いの清算が挙げられます。

市民団体が前田国交相ら告発

前田武志国土交通相が岐阜県下呂市長選で候補に対する事実上の支援を要請する文書を業界団体幹部に郵送した問題で、市民団体が前田国交相らに対する公職選挙法違反(事前運動)罪などでの告発状を東京地検特捜部に提出し受理されていたことが19日、関係者の話で分かった。受理は同日付。

 問題となった文書は、下呂市長選に立候補した候補への「ご指導、ご鞭撻(べんたつ)」を呼びかける内容。下呂建設業協会の理事長宛てに告示前の今月2日付消印で郵送されていた。






content

Link

News